共走インタビュー − 高橋修さん「いつも心にありがとうの気持ちを」

高橋修さん

株式会社明運寒川

経理課長。入社18年目。元々ドライバーとしてハンドルを握っていた。運行管理、配車を経験して、現在は本部職として社内の労働環境整備を進める。

ハンドルも握った、配車もやった。
これからは経理として、一緒に走ります。

ドライバーに求められることも変わってきましたよね。昔は、人よりたくさん働いていた人が偉かった。でも今求められているのは、対人能力が高い人。結局、人対人。サービス業のように、ドライバーも挨拶や笑顔が大きな武器になるんです。自分は今現場から離れましたが、代わりに労働環境や教育体制を整えたりすることはできるようになりました。しかも課長になっちゃいましたからね。震災時にもがんばってくれたドライバーたちを、これから責任持って支えていきたいと思います。

すべてのインタビュー

Page Top