共走インタビュー − 下町尚さん「和顔愛語」

下町尚さん

株式会社尚運

一般貨物等の運送を行なっている。自身で独立して、会社を設立したのは三位金だが、下積み時代の信頼関係が強いので、安定した事業を行なっている。

親しみやすい会社作りを。
でも決して誠意を忘れないように。

仕事をしている中、自分達よりもはるかに大手の企業様が、私達と対等に話しをして頂ける事はとてもありがたく、嬉しく思います。ですが、そこに甘え過ぎてはいけないので、こちらも誠心誠意を持って対応させていただいています。真心を込めてお客様が親しみやすい環境作りをすれば、その分だけ成果が見えるのでこちらもやりがいを感じますし、お客様に頼って頂ける存在になれると思っています。まずは現状を維持していく事も大切ですが、今後は自社トラックを増やして事業を拡大を目指して走り続けたいと思っています。

すべてのインタビュー

Page Top