共走インタビュー − 成田利光さん「プライド」

成田利光さん

有限会社ナガクボ工業

解体業に勤めて30年のベテラン。中学・高校・大学生のお子様は全員女の子。お休みの日は家族サービスをしていて、家族にも愛されている明るく優しいお父さん

難しい仕事も自分の糧に
目標目掛けてモチベーションを高めて仕事を

解体業も色々ありますが、私達の解体の主は家やテナントです。現場によって様々な内容があって、家をまるごと解体するだけではなく、お客様のご要望の部屋だけを解体したり、ご予算の都合を考えて行ったりと、その都度解体方法を考える事が私の務めです。やはり簡単な現場だけではありませんので、難しい解体を事故なく終えた後は嬉しいですし、自分への自信に繋がって「よし、次もやってやるぞ!」という気持ちになりますね。いつか、自分の会社を立ち上げられたら…と大きく目標を掲げているので、モチベーションを高めて仕事に取り組んでいきたいですね。

すべてのインタビュー

Page Top