共走インタビュー − 木村英文さん「仲間を大切に、いつも笑顔で」

木村英文さん

株式会社明運寒川

ドライバー。元流通業界、スーパーのバイヤー出身。息子が小学生の頃から18年、土日は少年野球のコーチや草野球の審判として過ごす。

人間と人間、笑いながら働くのが一番。
バイヤーもドライバーも一緒だね。

ドライバーになって1年目。日々ハンドルを握っていて感じることがあります。トラックの快適さは仕事の質にも関わるな、と。足回りがしっかりして扱いやすかったり、キャビンが快適だと、安全運転はもちろん、お客さまとのコミュニケーションにももっと気が回せるようになるんです。荷物を降ろして終わりじゃなくて、届け先で色んな話をする。ずっとそうやって楽しく働いていたいですからね。そのためには仲間を大切にしてね、そしていつも笑顔でいることです。

すべてのインタビュー

Page Top