共走インタビュー − 多胡悦男さん「安全運転」

多胡悦男さん

株式会社KST

車輌回送ドライバー。ガス工事関係の会社をリタイヤ後、趣味であるゴルフの仲間の紹介で入社。時間が不規則なことが多く、慣れるまではきつかったが、今では1日に4・5件の回送をすることも一日一日を大切に、今日も安全運転を心がけ走っています。

回送業とはお客様とお客様を結ぶ仕事。
私はお客様同士を結ぶ安全な架け橋になりたい。

私のやりがい。それは安全運転を心がけ、無事故でお客様のご要望にお応え出来た時に得られる充実感です。回送の仕事と言うのは、お客様とお客様をつなぐ仕事。私はこれからもそんなお客様同士を結ぶ架け橋でありたいと思っています。架け橋が危険では、お客様同士が安心したつながりを築くことはできません。だから安全運転。それが何よりも大事だと思います。

すべてのインタビュー

Page Top